世界武道連盟風林火山 wbkl karate Japan shotokan gojuryu fullcontact furinkazan

 
HOME Information Inquiry Championship Direct control
About us Affiliate e-Learning English 宗家 心技体
 
   
   
 

wbkl

全国武道空手道交流会役員

麻生 太郎 元内閣総理大臣・衆議院議員
Taro ASOU;The former Prime Minister;assembly member of the House of Representatives

石原 宏高
  衆議院議員
Hirotaka ISIHARA; former assembly member of the House of Representatives

舛添要一 国際政治学者
YOUICHI MASUZOE
The international politics scholar
Previous Tokyo Governor

motomura masahiro
代表・宗家 本村雅寛
SOKE; Masahiro MOTOMURA
 

 

 世界武道連盟風林火山はフルコンタクト空手と伝統空手と防具空手の交流から21世紀の空手道を創造することをめざし1981年(昭和56年)「全日本武道空手連盟風林火山」として誕生しました。
そして1985年(昭和60年)、日本初の異ルール交流大会「第一回風林火山オール新日鐵大会」を挙行しましたが、極真空手全盛の当時、フルコンタクト空手と伝統空手、防具空手が同一会場で試合を行い、お互いの試合に出場しあうという交流大会は全く例を見ないものでした。以来33年間「全国武道空手道交流大会」として天下に評価を問い続けて今日に至りましたが、この間、支えてきて下さった皆様に感謝するばかりです。おかげさまでこの形の大会として最も歴史と実績ある大会となっております。
 当初は異種ルールの試合に出て自らの流儀を検証してみるのはある種のタブーといえるものだったわけですが、結果的に、他流から謙虚に学び自らの空手に技術革新をもたらした者が真の勝利者になっていったことは言うまでもありません。
 また武道としての空手という視点で考えた場合、自分のルールで勝つのは当たり前、相手のルールの中で戦って勝ってこそ「強い」と言えるという真理があります。1960年代、タイ式ボクシングが日本へ上陸した際、実戦系の多くの空手家がキックボクサーとして相手のルールの中で戦い、、勝利し、空手の強さを証明した歴史に我々は武道空手家としての理想の姿を見出さねばならないと思います。

In 1981, we established WBKL and put our effort to create 21st century Karate by the exchange of Full contact Karate and Traditional Karate. At that time, traditional karate and Kyokushin Karate conflicted intensely. However, we were convinced that the new age Karate will be created by not confrontation and having exchange of experience. The 30 years of our karate activities is a good witness for this reason.
Just now, the WBKL’s championship is an authority in this filed in Japan. WBKL’s championship includes Traditional Karate and Full contact Karate. Participating in different rules game is a serious adventure and the person who learns other styles of Karate is the final winner.
Karate is a Martial art and a Martial artist is not a strong man if he wins the game in his rule, a strong man is a person who wins the game in his opponent’s rule.
In 1960, Muay Thai has been introduced to Japan and so many Karate ka participated in Muay Thai’s championship. They fought with Thai boxers in Muay Thai’s rule and all have been defeated. But, before long, some Karate ka fought in Muay thai’s rule and showed the power of Karate by defeating all Thai boxers. At that time, Karate faced a big technical improvement that they brought for karate.

wbkl

 さて、私たちの大会方式は日本よりも海外で早く受け入れられ、世界ではよく見られる方式になっていますが、最近国内でもこの方式の大会が見られるようになったことは先駆者として感慨無量です。
 武道の「道」とは人倫の道、つまり人として生きるべき道筋、青少年を教え導く道筋のことです。この共通理解のもとに流派を超えて集った本連盟の指導者の出身は日本空手協会、全空連、沖縄空手、日本古流拳法、キック、極真等と多様ですが、同じ道を歩む同志として多彩な技術や情報を共有しあっております。それが本連盟最大の強みであり財産であると思います。

Most countries accepted such thought, and just now, it’s a popular method. Recently, this thought comes to Japan and we feel deep pleasure as Pioneer.

The shihans of WBKL are from various styles such as Shotokan-Ryu, Goju-ryu,Shito-ryu, JKF, JKA, Okinawa karate, Jujitsu and Kyokushinkai. We are sharing the knowledge and techniques with each other, and it is strong point of our WBKL.
 

 私たちは商業ベースではなく、手弁当の地道な活動を旨としてきましたが、同志の輪が広がるとともに新聞、空手専門誌、TV等でたびたびとり上げられるようになり、また海外からの問い合わせも生じ始めたため、1995年、組織を「世界武道連盟風林火山」へ改編し、全国大会の場もそれまでの千葉から国立競技場代々木体育館へ移し、私たちの空手道を東京から世界へ発信することといたしました。(代々木では通算12回ですが千葉開催から数えると通算29回の大会の歴史を刻んでおります。)
 現在、我々のホームページは英語を併用して発信しているため、また団体のPRではなくeラーニングとしての機能を含むため、世界中の空手家から年間52万アクセス、1分間平均102アクセスという驚異的なアクセスを受ける人気サイトになっています。最近は欧米や南アジアだけでなくアフリカや中東、東欧からのアクセスも目だち、eメールによる問い合わせや短期研修に追われる状況となり、私達WBKLの活動への世界的な関心の高まりを手ごたえとして感じているところです。

We have developed our activity not commercial but volunteer. We report our activity with the newspaper, Karate’s journal, TV and etc.
?Since 1995, we held WBKL ‘s championship in Tokyo ( Yoyogi Olympic Stadium) that insist on real value of Karate for all over the world.
Our web site has approximately 5,900,00 visitors, per a year, from all over the world, moreover we have mails from them to have mutual cooperation.

furinkazan karate
月刊空手道(福昌堂H20年7月号)より
(Japan karate monthly 7/2008)

 

 近年、クールジャパン(かっこいい日本)と表現される日本ブームが世界的な現象になっていることは報道のとおりです。海外の人々が今日ほど日本の文化と高い技術にあこがれる時代はなかったといえましょう。カラテ、武道、そこに流れるサムライ的な精神性についても私たちの想像を遥かに超える憧憬の念で見られております。それは世界のいかなる空手道場にも、必ず日本の国旗「日の丸」が掲げられていることからも分かります。
 私たちは世界の人々が憧れる日本武道、空手道を通して若者の心身を練り、たくましく生きる力を身につけさせ、彼らがわが国と国際社会で活躍する人間へ成長することを願い実現して参ります。また国籍、人種、性別、信条そして年齢を問わない世界の武道として正しい空手道を発信し普及して参りたいと考えております。今後も皆様方からのご指導、ご支援を、お願い申し上げます。

Recently, foreign countries came to have a deep interest to the Japanese traditional culture, especially Karate, martial arts and the samurai in there basis.
We would like to response the expectation of Karate lovers who hope to have cooperation with WBKL Karate. WBKL knows no border, race, religion, ideology, sex, politics, economy and etc. Our aim is to bring peace, health, and education for people of the world.

 
wbkl furinkazan

masahiro motomura

 
The Symbol of WBKL originates from the family crest ofof Shingen Takeda 武田信玄who was a great general in the 16th century. At that time, Japan faced a period of internal war time. The famous generals were competing to unite the whole country. Shingen Takeda  was a hero of samurai and very popular. He passed about the reunification of Japan. His symbol is called “ Takeda- Bishi” and the origin has two theories. One originated in the design of the plant water caltrop. And, another originated in the Japanese character "" that is “ da” of Takeda. The word "( Fu’Rin’Ka’Zan) is his famous motto that express his combat thought. These four character s are composed of initials of the following four sentences.
 

   風It acts speedy as wind
   林 It quiets down like the forest
   火It attacks active as fire)
   山It is stable as a mountain.

We arranged these four characters in the "Takeda-bishi" and assumed the symbol of WBKL-Karate.

 

 

 
 

 

 
 

 
   
 

Copyright (C) 2013 WBKL 世界武道連盟 風林火山 FURINKAZAN Reserved.